■孫ページを作りたい!

子ページからリンクしたページが一般的に孫ページと呼ばれております。
トップページを親ページとした場合には、親ページ(トップページ)からリンクされているページを子ページと呼びその子ページからリンクされているページを孫ページと呼びます。
親ページからみた場合には子ページの子ページにあたることから孫ページと呼ばれているだけです。

※孫ページ作成方法
1.子ページ作成(通常ページ)しトップページ編集ボックスに子ページ挿入タグを入力する。
2.上記で作成した子ページ編集ボックスに他の子ページ挿入タグ(日記等)を入力する。
3.最後に入力された子ページ(2.で言うところの日記等)が孫ページです。

【まとめ】
トップページ⇒通常ページ⇒日記という形になっておりますのでトップページを親とした場合には通常ページが子ページになり、その子ページからリンクされているためにトップページからみた場合には子ページの子ページという意味で孫ページと呼ばれております。

ユーザー様がよくやっている使い方としては、日記が5人分ある場合に通常ページを1つだけ作成しその通常ページのタイトルを日記とします。
その通常ページに5人分の日記のリンクタグを5つ入力し日記ページに日記をまとめて表示しております。